2012年6月 4日 (月)

生田武志

 ようやく手に入れたの

「おっちゃん、なんで外で寝なあかんの?」Dsc_1968

 ワイドショーで先週は話題だったらしい、「芸人と生活保護」

この話題で、本当の制度や、問題点を気にしてくれた人は多かったかしら?

また、変な助長になっていなければいいのだけれど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

内藤朝雄

 年度末。

 紹介ばかりなのだけど、朝雄ちゃんの本をもらったので今回もPR。「金魚」もまだ並んでいるし、堤&湯浅対談も新しいけど一番あたらしいいじめの第一人者? 

「いじめの構造~なぜ人間が怪物になるのか~」

090323

本人も「社会教育の予算を削らないで!」というメッセージをP225に書いてあるって。

 そこから読みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

お勧め

 昨夜も大変かなしい思いをしてしまいました。

 電車待ちの駅のホームにて。

 人が立っている方に向かってつばを吐いている男性?が態度大きくベンチに。

 当然、いい思いをしない紳士がその男性に注意をしました。

 そうしたらその男性は「なにをーー!やるかーー」だと・・・

 もうすぐ電車も来る合図。とめに入りましたが、「呼ぶなら警察呼んで来い!」とすごむ男性。軽快な格好をしていたのですが、若造の遠吠えではなく、結構年を重ねた顔つき。

 こちらは紳士のかばんを預かり、紳士が駅員を呼びに行きました。

 その間に電車が到着。  威勢のよかった男性は、ひょいっと逃げてしまったの。

 連れ合いとともに、もう一人違う男性も一緒に残ってくれましたが、くやしい!  駅員と戻ってきた紳士も、思わず電車の扉をたたきました。

 その男性は、つば吐きをする前にも椅子の前にいた中学生を理由もなくけっぽっていたようです。

 北風に吹かれながら、ホームに残ったメンバーでむなしさを共有した20分間。        お互い笑顔でわかれましたが、やはりむなしいですね。   「死刑」という制度は好きではないのだけれど、このときは正直あの男性を突き落としてやりたいくらいの気持にもなりました。

 こんな人間関係で嫌な思いはしたくないです。

 今も連日人身事故で電車が止まります。毎年見える数字でも三万の数が上がる日本人の自死。    死をえらばなければならない現実がたくさんある。

Photo

今、「いのちの教育」を一緒に研究していただいている

 近藤 卓さんの新書が書店に出ましたよ!!

あの 北山 修  のいう「共視論」にもとづき、近藤さんの見解が分かりやすく読めますよ。

「いのち」は大切。

 さぁ、原稿書かなくてはbearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)