2007年1月 6日 (土)

その反映

 ちょこっと気分転換なの。

 ちょこっと「平和」について触れたなかで、「北斗の拳」と「愛がゆく」に最近、再々はまりをしているもので・・・

 力だけではない、本物を貫き通していきたいのです。

 そろそろ「蕎麦系」「八王子系」ものせなくては・・・ バックナンバーのテンプレートは、もとの若葉のままよ。ご安心を。  はたぁぁぁぁーーーはたたたたぁーー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

生きる

 1月4日。

 少し落ち着きました。 年末の年末。無二の親友が急逝しました。           とてもとても不器用な彼で、長いこと連絡はくれていなかったの。   最近は、昔の仲間の不幸があるときぐらいしか連絡できなかったかなぁ。  元気だとは思っていたけれど。

 落ち着かなかったのは、悲しい彼の短い人生もあるのだけれど、その周りに関わる人々の情報が、このところずっと閉ざされていたようなもやもや   人間関係の限界    挫折・無力感。     親友ってなぁに?  あらたまって・・・苦しい。

 葬儀に集まってきた懐かしい面々はそれぞれの仲間グループを全部把握できるくらいの仲間たち。    だって、不器用な彼ではあったけれど、「一生の付き合いになるだろう」話をしていたから・・・だからその関係を、たくさんの友人に、活動に紹介しまくっていました。   その出会いはとても素晴らしかった。   人が人につながって、輪が広がって、たくさんの仲間に囲まれている、そんな世界を私は生きていました・・・

 無二の親友の葬儀だから、否が応でも?なつかしの面々の情報が入る。   そんななかに感じた寂しさに打ちひしがれていたの。    彼と共に、「一生の付き合いになる」であろう時を過ごした仲間がずっと連絡をくれないでいた。その事実にぶち当たってしまった。      随分と私に会うのが気まずいようで・・・それが追い立てて苦しくて苦しくて

 今現在、誰が誰と過ごしていようとかまわないのに、と私は思っているのに。それが一方的に遮断されてしまうと私には大打撃だということがわかっている人なのに・・・。

 他界した彼の家族にも昔から随分とお世話になっていたの。  彼自身の現在は随分と新しい生活になっていたと思う。  もっと落ち着いたら、そこに近づいていいものだろうか?  現在の「回り」に遮断されてしまうのか?

 またまた時間がかかるなぁ・・・・・・何年も何年もかけて作り上げたもの

 おいしいものでも食べに行きましょうかね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)